犬のホリスティックケア相談

”ペット栄養管理士が専属でサポート”

ご飯から始める愛犬ちゃんの心と体のケア

 『獣医師直伝の食事療法』×『薬膳』×『漢方薬局で学んだカウンセリング』

で、飼い主さんが抱える愛犬ちゃんのお体への不安や悩みをサポート

中医診断学にて愛犬ちゃんのお体の状態・不調の原因を探り

元気を育むご飯+自然療法ケアにて

愛犬ちゃんと飼い主様の心と体を楽にしていきます。

こんな方にオススメです

愛犬の疾患に合わせた療法食やケアについて相談したい方
愛犬の年齢にあわせたご飯について相談をしたい方

愛犬の緩和ケアについてのご飯やケアについて相談をしたい方

中医診断学による犬のホリスティックケア相談

言葉で伝えられない愛犬ちゃんに代わり、東洋医学、中医診断学を学んだ
カウンセラーが五感を使って、心(精神状態)と身体(臓腑状態)をチェック!

愛犬ちゃんの毎日が、喜びと元気に満ち、心と身体が楽に過ごせる日々となりますよう、
身近な食材を使った薬膳ご飯づくり&飼い主さんが手軽にできる自然療法ケアをサポートしていきます。

中医診断学を用いた全身状態とご飯のチェック
  • 目で診る
    毛ツヤ、皮膚、体つき、表情、行動、歩き方から心と臓腑状態をみる
  • 鼻で診る
    体や分泌物・うんち・おしっこの匂いから消化状態とご飯の適量をみる
  • 耳で診る
    呼吸音・腹部の音・日常の様子のヒアリングから心と臓腑状態をみる
  • 触れて診る
    皮膚の熱寒・むくみ、毛質と皮膚、痛みの有無から臓腑の状態をみる

健康維持はもちろんのこと、繰り返す不調や慢性疾患などのお悩みもお気軽にご相談下さい。
飼い主様のライフスタイルに合わて無理なく続けられる方法にてお伝えさせて頂きます。

西洋医学の治療中で、

  • 療法食を食べてくれない
  • 投薬治療中だけど、ご飯で免疫も維持していきたい

 

などのご相談の場合、
投薬中の体に負担にならない方法での給与・調理の仕方や、

主治医の先生の治療を邪魔しない形
でのケア方法をお伝えさせて頂くほか、

主治医の先生への伝え方に迷われる飼い主さんにつきましては、
”どのようにお伝えしたらいいのか”などのアドバイスもさせて頂きます。

西洋医学と東洋医学の違い私達の身近な治療には、西洋医学があります。 それとは別に、最近では東洋医学もだいぶ浸透し、生活に取り入れられるご家庭も増えてきまし...

犬のホリスティックケア相談の流れ

  1. ご相談日の前に、ヒアリングシートにて愛犬ちゃんの体質、体調、気になる事をお伺い
  2. ご相談日当日、お体の全身状態をお伝えしながら、さらに詳しくお伺いしていきます
  3. ご相談内容について回答しながら、続けやすい方法での食事療法&ケアについてお伝えします
  4. 後日、愛犬ちゃんの体質改善への薬膳食材、分量、補足事項などを別途メールで送付
  5. 実践中に浮かんできたご質問へのご回答・ご飯の調整、変更をメールフォローにてサポート

 

対面相談の場合、愛犬ちゃんの臓腑の連携状態をお体に触れて確認する経絡チェックが入ります。オンラインの場合は問診のみとなります。

メールフォローのご利用期限は二か月以内、ご回答は、土日祝日を外した平日にて行わせて頂きます。

ホリスティックケア相談ってどんなことをするの?

ホリスティックケアの基本的な内容

カウンセリングシートにて現在の愛犬ちゃんの体質分析を行います

フードを食べている子の場合は、どんな組成のフードか拝見します

ペット栄養学、薬膳、栄養学、腸学、疾患別食事療法学、などから、食事療法を組立てます。

外用ケアが必要な場合、自然から学んだ生体バランスを整える方法、クレイケア、温灸ケアなどから、ケアを組み合わせ、飼い主さんの続けやすい方法にてお伝えさせていただきます。

飼い主様の不安についても緩和していきます

他、ご相談内容によって、調理法のお伝え、血液検査を拝見するなど、

個々に合わせたサポートを行っております。

ホリスティックケアをする理由

体を整えていくとき、”代謝” と ”保水” を整えていくことが大切になってきます。

そして、それを整えていくために必要なのは、食事だけではありません。

 

健康には”体”だけでなく、”心”の状態も欠かせません。

 

体の症状ごとのケアでも、

自分で整えられる子、整えられず外側からのケアが必要な子がいます。

 

運動をした方がいい!と言っても、

筋力が弱った子に十分な運動を散歩で満たすのは難しい場合がある子もいます。

 

そういった子の代謝を維持していくためには、運動以外のケアも必要になってくる場合もあります。

 

また、インターネットなどで、情報は取りやすくなっても、わが子に合う方法を見つけるの

は案外難しく、わが子の状態を掴み、それに対して必要なケアを選んでいける目がないと

良かれと思ってしたことが、逆効果になることもあったり、わが子にぴったりの情報が

なかったりすることも多く、悩みが増えてしまうこともあります。

(私も愛犬のケアで悩み、見つけられず途方に暮れ、不安を抱えていました。。。)

 

そういったことから、飼い主様と愛犬ちゃんごとに、完全オーダーメイドでの

より全体的な視点でのサポートを行っていくため、食事療法だけに留まらない、

ホリスティックケアをおこなっております。

 

例えば、

皮膚疾患(アレルギー、アトピー、脂漏症、指間炎など)を伴う子の
外側からできる自然療法ケアを取り入れて行きたい方

デキモノや腫瘍を繰り返す子や、手術後の再発予防のケアを探されている方

癌の再発予防や、冷え性のケアについて相談をしたい方

など、慢性皮膚炎、デキモノや腫瘍が繰り返しできる子、癌を経験した子のケアでは、

主治医の先生の治療はもちろんですが、おうちで+αとして、できるケアとして、

食事療法などの体の内側からのケア + クレイ・温灸・マッサージなどの外側からのケア

を合わせていくことで、

  • 痒みが出ている時の応急処置
  • 炎症の改善ケア
  • 再発予防ケア

の幅を広げていくことができます。

皮膚疾患のある子の場合は、食事療法だけでは時間がかかることから、

痒みが続くことが心のストレスにもなってくる為、クレイなどのかゆみの緩和ケアを

併用すると、心と体が楽になります。

 

また、シニアちゃんで、体の熱を冷ましづらい子、体の熱を作り出しづらい子の場合や

自律神経などの調整が上手くできない子などの場合も、

 

食事だけでなく、体の外側からのケアを併用することで、サポートできる事もあります。

 

愛犬ちゃんの体質や状態と、飼い主様のライフスタイルをお伺いしながら、

愛犬ちゃんのお体に合う、継続しやすい自然療法ケア(※)の選定と、

取り入れ方、使い方についても、合わせてお伝えしております。

自然療法ケアについて

・経絡マッサージ、経絡温灸
(気血の流れのケア・季節の変り目の養生ケアなど)
(おうちで出来る簡単な方法での経絡マッサージ、温灸ケアをお伝え致します※1)

・クレイ療法(炎症や痒みの改善など)
(症状に合わせて使うクレイの種類を選定してお伝えします※2)

・他、腸からのケア・電磁波のケア(※3)など、必要に応じてお伝え致します。

※1:動物経絡温灸取扱者取得
※2:クレイソムリエ取得、ペットへのクレイセラピー修了
※3:腸キッチン学ベーシック講座修了

料金について

90分コース メールフォロー往復1回含む: 18,000円(税込)

120分コース メールフォロー往復3回含む: 24,000円(税込)

150分コース Lineでのフォロー7日間含む: 30,000円(税込)

 

延長10分につき1,000円(税込)_最大30分までご延長可

 

カウンセリング前半でヒアリング

後半でお体の事についてのお伝え

をして参りますので、

・お悩みや心配事も含めて、じっくりとお話もしながらご相談したい方

・愛犬ちゃんに複数疾患がある方

・フォロー回数が多い方をご希望の方

につきましては、120分、または、150分コースがおすすめです。

 

小まめに連絡を取りながらケアしていきたい方につきましては、

150分コースでしたら、Lineを使った7日間のフォローが含まれております。

※価格、コースにつきましては、予告なく変更になることがあります。

お申し込みについて

1)お申込みフォームよりお申込み下さい

2)対面(女性のみ)または、オンライン(Zoom利用)、どちらかにチェック下さい。

3)カレンダーで〇がついている営業日の中で第三希望日までご提示ください。

月・火・日・祝日は定休日、土は不定休となります。

4)お申込み承りメールの返送をもちまして、ご予約完了となります。

 

2021年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年12月

お客様の声

手作りご飯のメニューや栄養のバランスの相談

●犬種:パピヨン×チワワ 女の子 11歳 2回目のご相談 ● 相談前に悩んでいたこと 手作りご飯のメニューや栄養のバランス ● ご相談頂いていかがでしたでしょうか 食材の組み合わせや日々のメニュー、量などがよくわかりまし

アレルギー症状が強くなったことで 今までの食事を見直してみようと思いました

●犬種:チベタンスパニエル、男の子 15歳 ● 相談前に悩んでいたこと 10才過ぎてからアレルギー症状が強くなったことで 今までの食事を見直してみようと思いました。辛い思いをさせないよう、穏やかな老後を生きて欲しいから。

胆管除去の手術をして、その後肝臓の値が悪く心配していた

●犬種:ポメラニアン 男の子 14歳 ● 相談前に悩んでいたこと 昨年6月胆管除去の手術をして、その後肝臓の値が悪く心配していた時に lala_healing様からとても知識豊富な栄養の先生がいらっしゃるので相談してみた

食事療法を始めたくらいから徐々に嘔吐が増えてしまい、相談しました。

●犬種:フレンチブルドッグ 女の子 11歳 ● 相談前に悩んでいたこと 食事療法を始めたくらいから徐々に嘔吐が増えてしまい、直近では週に3回程度max。いつも春に体調崩しがちなので、様子を見ていましたがゲップも多くなり明

全く食欲がない子だったのに、今までで一番ガツガツ喜んで食べてくれるので、とても嬉しいです

●犬種:スタンダードプードル 女の子 12歳 ● 相談前に悩んでいたこと 高齢犬にもかかわらず、この一年間に全身麻酔の大きな手術を3回もして、一週間に何度も嘔吐して痩せてきました。 胃腸に病気があるわけではないのに高齢で