犬のごはん情報

春は水分をたっぷり補給&旬野菜で解毒サポート

春は芽吹きの季節♪

この時期は植物だけでなく、人や犬の体も代謝が活発になっていきます。

だけど、今まで閉臓(へいぞう)と言われる季節にいた体は

  • 冬の間は毛穴を閉じ
  • 老廃物なども溜まっていて
  • 少ない水分で体を維持

してきたため、その変化に急には追いつけない。。

春にアレルギーや乾燥が起こるのは・・・

閉臓から明けた体は、毛穴を開き、排出器官から老廃物を排出しはじめ

少ない水分で維持していた体は、春になると水分が足りなくなり乾燥に繋がりやすい

だから、春はアレルギーや皮膚炎などの不調がでやすい。

春は水分補給&解毒食材で体をケア

代謝をあげて春の季節に体を慣らしていくためには、まずは十分な水分が必要!

だから、いま時期は水分をたっぷりのご飯で体を保水します。

そして、春野菜で解毒サポートをしてあげると良いです。

他には、

  • 体を冷やさない
  • 肝臓を疲れさせない
  • 脂っこい食事より、脂控えめのご飯を食べる
  • 水溶性食物繊維を摂取して腸内細菌(酪酸菌)を育てる

のが手軽にできる養生法になります。

 

私も今年は花粉が凄くて、外にでるとくしゃみと鼻水が止まらず、喉もイガイガしてたので

菜の花のおひたし、菊芋、ノラボウ菜、クレソン、ふきのとう など

春の旬野菜を毎日の食卓に足して食べていたら、気づいたら、くしゃみも、鼻水も

のどのイガイガも、でなくなっていました♪

春野菜が持つ味の薬効

春の野菜は苦味がありますが、苦味は炎症をおさめる作用もあるので、

解毒サポートしながら、炎症も緩和してくれる、春野菜を、

ぜひ積極的に取り入れてみてください♪

 

アレルギー症状を慢性化させない為には、出始めが肝心なので、

不調がでたら、すぐ対処してみて下さいね☆

春の人とわんちゃんご飯は・・・

体を冷やしすぎない水分たっぷりな野菜(カブや大根など)+春の旬野菜を入れて

保水&代謝サポートと、解毒サポートができるご飯がおすすめです☆

重ね煮で作った春のわんご飯の一例

食材:

まいたけ、ナス、ピーマン、カブの葉、カブ、紅芯大根、のらぼう菜(旬野菜)

、さつまいも