犬の食事療法相談

中医診断学にて愛犬ちゃんのお体の状態や不調の原因を探り

心と体が喜び、元気を育む、犬のご飯づくりをサポートします

こんな方にオススメです
  • 愛犬の手作りご飯について相談をしたい方
  • 愛犬の症状別・体質改善の手作りご飯について相談をしたい方
  • 愛犬の年齢にあわせたご飯について相談をしたい方
オンライン相談

 

対面相談(女性限定)

 

 

中医診断学による犬の食事療法相談

Ⅼaughing Togetherでは、言葉で伝えられない愛犬ちゃんに代わり、東洋医学、中医診断学

を学んだセラピストが五感を使って、心(精神状態)と身体(臓腑状態)をチェックし、

愛犬ちゃんの毎日が、喜びと元気に満ちた日々となりますよう、

スーパーで買える身近な食材を使った薬膳ご飯づくりをサポートしていきます。

中医診断学を用いた全身状態とご飯のチェック
  • 目で診る
    毛ツヤ、皮膚、体つき、表情、行動、歩き方から心と臓腑状態をみる
  • 鼻で診る
    体や分泌物・うんち・おしっこの匂いから消化状態とご飯の適量をみる
  • 耳で診る
    呼吸音・腹部の音・日常の様子のヒアリングから心と臓腑状態をみる
  • 触れて診る
    皮膚の熱寒・むくみ、毛質と皮膚、痛みの有無から臓腑の状態をみる

 

健康維持はもちろんのこと、繰り返す不調や慢性疾患などのお悩みもお気軽にご相談下さい。

飼い主様のライフスタイルに合わて無理なく続けられる方法にてお伝えさせて頂きます。

西洋医学の治療中で、

  • 療法食を食べてくれない
  • 投薬治療中だけど、ご飯で免疫も維持していきたい

 

などのご相談の場合は、投薬中の体に負担にならない方法での給与の仕方や、
主治医の先生の治療を邪魔しない形でのケア方法をお伝えさせて頂きます。

飼い主様には、必要に応じて主治医の先生とご相談頂き、
手作りご飯の摂り入れが難しい場合は、ドッグフードの療法食の分析をし、
足りない栄養素を補える方法をお伝えさせて頂きます。

 

オンライン相談

 

 

対面相談(女性限定)

 

西洋医学と東洋医学の違い

最近では東洋医学もだいぶ浸透し、生活に取り入れられるご家庭も増えてきました。

西洋医学と東洋医学は、それぞれに体の診方や治療によるアプローチの部分が違うため、

両方の視点や選択肢があると、体のことがより全体的に見えてきて、

いざという時の治療の幅を広げるのにも役立ちます。

 

▼西洋医学
西洋医学は解剖学・分類学を基礎とし、血液検査や細胞診などの化学的検査などで、
症状や病気の一瞬を切り取り判断し、下記のような対症療法に優れています。

  • すぐに外科的手術が必要な病状(病巣を切り取る)
  • 炎症や痛みをすぐに抑える必要がある(症状を抑える)

▼東洋医学
東洋医学(中医学)は、「気」「血」「水」という体の機能や流れを重視し、
五臓六腑の状態や連携具合を診て判断し、バランスの崩れている場所を整えていくため、
下記のような体質改善の治療が得意な他、薬膳などで投薬治療中の臓腑ケアも
取り入れていく事ができます。(※)

  • 繰り返す不調や慢性疾患のケア
  • 環境の変化における不調(季節・低気圧・梅雨など)
  • ダイエットなど生活習慣の改善や、アトピー性皮膚炎などの体質改善が必要なもの
  • 病気を繰り返さないための体質づくり
  • 長期の投薬治療時に、臓器をケアしながら西洋医学の治療と両立していくこと

お客様の声

【犬の手作りご飯相談】体重が増えました!!!

犬種:ビーグル 性別:女の子 年齢:19歳 ご相談内容:食べても体重が減ってしまうため、これ以上減らないご飯にしたい 1)相談前に悩んでいたこと ハイシニアになって、後肢の筋力の低下や体重が8kgを切ったことで、 これま

【犬の手作りご飯相談】手間暇かかる以上に、幸せなきもちをもらっています。

犬種:ポメラニアン 女の子 1歳10か月 避妊済 ご相談内容:ダイエット 1)相談前に悩んでいたこと 生後2カ月で我が家にやってきましたが、やんちゃで食欲がものすごい女の子でした。 犬を飼うのは初めてなので、 フードの量

【犬の手作りご飯相談】2か月で800g減量に成功、リバウンドなしです

●犬種:ミニチュアダックスフント スムース、女の子、5歳 ● 相談前に悩んでいたこと 我が家の愛犬はMダックスフントの姉弟で2頭で飼育してます。 オスの弟と体格のサイズはほとんど変わらないのですが、 体重とウエストが明ら

【犬の手作りご飯相談】症状の根拠を基にアドバイスしてくれます

●犬種:プードル、女の子、9歳 ●相談前に悩んでいたこと(今回持ち帰りたかったこと) 食が細く、朝は餌を食べない。 特に今年の夏の暑さでフードを食べなくなってしまった。 身体が乾燥気味でウンチ量も少なく、コロコロ。 外耳

オンライン相談

 

 

対面相談(女性限定)