愛犬のいる暮らし情報

漢方専門薬局 元気堂

愛理
愛理
小田急相模原と中央林間駅から徒歩3分圏内にお店がある漢方薬局元気堂さんはペット漢方の実績も豊富♪

人もペットも両方の健康相談ができる漢方薬局

最近では日々の不調や体質改善に漢方を取り入れる方も増えてきました。

そんな漢方、実はペットの不調や体質改善にも助けになります。

元気堂さんでは、ペット漢方の実績も豊富で人もペットも両方の健康相談が出来る嬉しい薬局です。

元気堂ペット漢方はこちらから → http://masnak.co.jp/genkido/pet/

獣医さんと連携しているので安心

小田急線の小田急相模原駅と中央林間駅の二か所に店舗があり、

どちらも駅から徒歩3分圏内にある漢方薬局元気堂。

獣医さんとも提携していて、初めて漢方を飲むペットへの対応も安心です。

そして、日本の獣医さんだけでなく、定期的に台湾での現地研修もされていて、

現地の獣医さんとのネットワークや情報交換もされており、

ペットへの漢方や鍼灸治療への知識が常にアップデートされている状態で

漢方を処方して頂けることも嬉しく、信頼できる薬局です。

漢方処方の腕も抜群です

私も年末~年始をまたいで、瞼下のぴくぴくがおさまらず、漢方を飲んでいたのですが、

それでも、なかなか改善せず、元気堂さんに診てもらいました。

 

その時に5分くらいで雑談のように話した内容から漢方を作って頂いたのですが、

飲んで2日したらピタッと治まりました♪腕も抜群の頼れる薬局です!

西洋と東洋の両方の専門家と繋がることで広がる選択肢

西洋医学は解剖学・分類学の医学で、対症療法への治療は得意で、

東洋医学は、臓器間の流れや機能を診ていく医学で、慢性的な不調や、臓器間の連携不調に

よる改善や、西洋医学での長期治療時にも、内臓機能リカバリーとして、

漢方や鍼灸、薬膳などが助けになることもできる医学です。

 

両方の医学的視点を持つことで、治療の幅や選択できる方法が広がるため、

それぞれの専門家や専門医との連携を持つことも、不調の早期発見、早期治療、

体調管理や長期的治療時の生活のクオリティの維持の助けになります。

 

元気堂詳細はこちらから→ http://masnak.co.jp/genkido/