犬の食事療法相談

うち子も前よりもよく食べてくれるようになりました

犬種:パピヨン×チワワちゃんのミックス
性別:女の子
年齢:11歳
罹患履歴:膵炎、子宮蓄膿症、肺血症
(相談時は、膵炎数値安定、子宮蓄膿症手術済、肺血症完治の状態)

ご相談時の愛犬ちゃんのご飯事情:
・膵炎の時の療法食がとても嫌だったようで、食べなかったので、手であげているため、犬の手作り食の本でみるスープ系やおじや系があげることができない
・シニアのため、柔らかくないと食べてくれない
・蒸し野菜、スープの具のようなもの、鶏肉は圧力鍋で柔らかくしないと食べない
・買ってくるものは嫌がり、毎食震えながら食べている

ご相談内容:
愛犬のご飯事情を踏まえたうえで(具がやわらかく、手であげられるご飯)なんとかご飯を好きになってもらえるご飯を習いたい

愛理
愛理
わんごはん入門講座へのお問合せでしたが、ご希望内容から、膵炎の再発予防も含めた、個別対応のご飯講座が必要と思い、ご相談の上、犬の食事療法相談で体質を伺い、個別に構成したご飯講座をさせて頂きました

1)ご相談のきっかけ(悩んでいたこと)

✧愛犬がご飯を嫌がって、イヤイヤ食べてるのがツラい。
犬は本来は、ご飯の時間になると、飛び跳ねて喜ぶくらいだと思うのに、ご飯の時間が嫌いなんて可哀想で何とかしてあげたかった。

2)ご相談頂いていかがでしたでしょうか

✧大正解でした!
今まで、犬の手作りご飯の本をみたり、手作りしてる人のSNSを参考にしたり、手作りご飯の講座に参加したりしても、全く変わらなかったのに、今回教えて頂いたことがまさに目からウロコでした!思いつきもしなかった方法で、その結果うち子も前よりもよく食べてくれるようになりました!

3)カウンセラーはいかがでしたでしょうか

✧とても知識が豊富で、お話もわかりやすくて、雰囲気も優しく親しみやすい感じで、本当に受講して良かったです。

4)どんな人におすすめですか

✧わんちゃんの食事に悩んでたり、シニアの子の飼い主様はもちろん、
わんちゃんを飼ってるどの飼い主様にもオススメしたいです。
食事は寿命に関係すると思うので、
わんちゃんに一日多くでも長生きしてもらえるように、皆さん参考にしてほしいです。

犬の食事療法相談中医診断学にて愛犬ちゃんのお体の状態や不調の原因を探り 心と体が喜び、元気を育む、犬のご飯づくりをサポートします 中医診...